水泳ドライランドトレーニングの評判

水泳ドライランドトレーニング・ケガをしないで速く泳げる身体の作り方の評判をお伝えしています。

水泳ドライランドトレーニング・ケガをしないで速く泳げる身体の作り方の評判

水泳ドライランドトレーニング・ケガをしないで速く泳げる身体の作り方の評判・トップイメージ

水泳ドライランドトレーニング~ケガをしないで速く泳げる身体の作り方~の評判をご紹介します。

ドライランドトレーニングは、自分の体重を使って鍛える方法です。

基礎的な筋力を強化しますので、怪我(故障)をしずらくなります。

その一番の特徴は、少しづつですが確実に成果が出てくる事です。

着実に成果を実感出来るからこそ、気分的にもやる気が継続してトレーニングも続きます。

トレーニングが続くから、さらに成果が上がるという理想的な状況を経験する事が出来ます。

続きはコチラ ⇒ 水泳ドライランドトレーニング

左右の体のバランスが整います

ドライAとバランスボールを利用しての補強を毎日の練習に取り入れています。

基本的にはプールに入る前にトレーニングしていきます。

体全体が温まります。

また、水泳で使う体幹部分が全部しまるような内容です。

そして、左右の体のバランスが整うようになりました。

続きはコチラ ⇒ 水泳ドライランドトレーニング

自然にスピードアップ

水泳の故障は、スイマーズショルダー(水泳肩)などがあります。

その原因としては、自分自身の筋力以上に負荷をかけ過ぎる事があげられます。

故障の心配をなくし、効率的にタイムを縮めるためには、ドライランドトレーニングがとても役に立ちます。

また、筋力のあまりない小学生の方からマスターズのスイマーの方にも取り入れる事が出来る内容です。

継続することで、変化を実感する事が出来ます。

特に、体幹部分を鍛えることは、水中で最も抵抗が少なくなる真っ直ぐな姿勢が保てるようになります。

ストリームラインをシッカリと維持できるようになると、自然にスピードアップしていきます。

続きはコチラ ⇒ 水泳ドライランドトレーニング

試合当日でも出来る方法

水泳ドライランドトレーニングは、基本的にはスイムの前に行うトレーニングです。

トレーニングをすると体全体的に体温が上昇して温かくなります。

それ程強い負荷をかける必要のない方法も紹介されていますので、試合当日でも実践し、コンディションを整える事が出来ます。

続きはコチラ ⇒ 水泳ドライランドトレーニング

ケガの心配がなくなります

インナーチューブを利用したトレーニングをスイムの前にやるようにします。

段々と体は柔らかくなっていきます。

柔軟性が高まる事でケガの心配をすることなくトレーニングに取り組む事が出来ます。

続きはコチラ ⇒ 水泳ドライランドトレーニング